三つ折りセミダブルサイズのおすすめの高反発マットレスランキング!

シングルサイズのマットレスが小さいと感じてしまう方の中には三つ折りのセミダブルサイズの高反発マットレスを探している方もいるでしょう。

しかし、どれを選べば良いのかわからないという人も少なくありませんので、今回は三つ折りセミダブルサイズでおすすめの高反発マットレスランキングと選び方のポイントを紹介していきたいと思います。

マットレスひつじ

三つ折りにできるマットレスは便利な面が多いんだメェ~!

三つ折りセミダブルサイズの高反発マットレス選びの3つのポイント!

三つ折りのマットレスというのは様々な種類が販売されていますが、懸念されるのは機能面の問題です。

そのため、三つ折りだとしてもしっかりとした機能を持った品質の良いマットレスを選ぶ目を見極める必要があります。

3つのポイント
  • 肩・腰に負担がかからない
  • やわらかすぎず硬すぎない
  • 厚みがあり底づき感がしない

今回三つ折りセミダブルサイズの高反発マットレスを選ぶ際のポイントは上記の3つを意識しましょう。

では、なぜこの3つのポイントが必要であるのかについてそれぞれみていきたいと思います。

1. 肩・腰に負担がかからない

自分の身体に合わないマットレスを使っているだけで肩のコリが解消されない、腰痛の原因になってしまう問題が起こります。

これはなぜ起こってしまうのかというと、寝ている姿勢で一番圧力がかかってしまうのが肩・腰だからです。

仰向け・うつ伏せに寝ると腰に負担がかかり、横向きに寝ると肩に負担がかかるため、うまく体圧を分散できるようなマットレスを選ばないと疲れが溜まる一方になってしまいます。

寝具において体圧分散は非常に重要なポイントとなるため、公式サイトで体圧分散のデータを公表しているところが多いです。

公式サイトだけでなくマットレスの説明欄にも体圧分散について記載されていることも多いため肩・腰に負担がかからないものを選ぶ場合は体圧分散が優れているかどうかを参考にしましょう。

2. やわらかすぎず硬すぎない

体圧分散にも関わってくる部分ですが、高反発マットレスの硬さがやわらかすぎず硬すぎないものであるのかどうかも重要な要素です。

やわらかすぎるマットレスは身体が沈み込みすぎてしまい通気性が悪く寝返りもうちづらくなってしまいます。

硬すぎるマットレスは体圧分散がうまくいかないため必要以上に寝返りをうち身体の疲れが取れないということもあるのです。

高反発マットレスは反発力が高い点が特徴で、優れた体圧分散と寝返りのしやすさを考慮すると少し硬めに感じるマットレスを選ぶのがおすすめといえます。

MEMO
少し硬めのマットレスという表現は曖昧で、どのようなものがいいのかわからない人も多いかもしれません。

実際に店舗で体感することができる場合は、肩と腰が無理なく同時に動いて寝がえりがうてるものを指標にすると良いでしょう。

3. 厚みがあり底づき感がしない

三つ折りのマットレスは厚みが無いものが多く、底づき感がしてしまうからと使うのを敬遠されることもあります。

しかし、その問題には厚みのある三つ折りの高反発マットレスは数多くあるので、しっかりと厚みがあり底づき感がしないものを選ぶことで解消することができるのです。

厚さは大体10㎝以上のものを目安にすると良いでしょう。

厚みがあるからおすすめというわけではありませんが、今回のポイントをすべて踏まえている高反発マットレスを選ぶことであなたの睡眠環境はグンと質の良いものになります。

このポイントをすべて踏まえたマットレスを選ぶのは少し苦労しますが、頭の片隅にいれて低品質なマットレスを選ばないようにしましょう。

マットレスひつじ

体圧分散・硬さ・厚みが三つ折りセミダブルサイズの高反発マットレスには重要だメェ~!

三つ折りセミダブルサイズの高反発マットレス比較!

三つ折りでセミダブルサイズの高反発マットレスは種類が多く、絞るだけでも相当苦労することが予想されるため、有名なマットレスを参考に比較をしていきたいと思います。

比較するポイントは先ほど挙げた選び方のポイントである「体圧分散・硬さ・厚さ」です。

体圧分散 硬さ 厚さ
マニフレックス DDウィング 二重丸 二重丸 二重丸
(12cm)
マニフレックス メッシュ・ウィング レオナルド 二重丸 二重丸 二重丸
(11cm)
マニフレックス メッシュ・ウィング 二重丸 丸 二重丸
(11cm)
マニフレックス フライニット ウィング 二重丸 二重丸 二重丸
(11cm)
イオン 高反発タイプ三つ折りマットレス 三角 丸 二重丸
(11cm)
タンスのゲン 男の高反発Z 極厚10cm 丸 丸 二重丸
(10cm)
タンスのゲン 極厚17cm 丸 丸 二重丸
(17cm)
エアウィーヴ スマートZ 丸 丸 丸
(9cm)
アイリスオーヤマ エアリーマットレス 三つ折り(MAK8-SD) 三角 三角 丸
(8cm)
エイプマンパッドH3 厚み10cm 三角 三角 二重丸
(10cm)
MLILY(エムリリー) 厚さ8cm 三角 丸 丸
(8cm)

有名な高反発マットレスなので、どれも評価は高く個人で合うものを探すのであればこの中から探せばまず間違いないでしょう。

特に硬さに関して言えば使う人の身長や体重によって沈み込みや寝がえりのうちやすさが変わってくるので、体重がある人はある程度硬めのマットレスがフィットするということもあります。

次に紹介するおすすめランキングは平均してほとんどの方が使っても満足してもらえるようなマットレスを紹介していきますので参考にしてみてください。

三つ折りセミダブルサイズの高反発マットレスおすすめランキング!

マニフレックス DDウィング

マニフレックス DDウィング
ポイント
  1. 肩・腰に負担がかからない
  2. 少し硬めで寝返りがしやすい
  3. 厚さ13㎝のボリューム
  4. 2層構造で違う寝心地が楽しめる
  5. 安心の10年保証
CHECK
優れた体圧分散力で肩・腰に負担がかからず、適度な硬さが自然な寝がえりと寝心地の良さを誘導するのがマニフレックス DDウィングの特徴です。

高反発フォームの「エリオセル」と「エリオセルマインドフォーム」を使用した2層構造となっているため、自分に合った方を上にすることもできます。

マニフレックス DDウィングの評価
体圧分散
(4.5)
硬さ
(4.5)
寝がえり
(5.0)
厚さ
(5.0)
総合評価
(4.5)

マニフレックス メッシュ・ウィング レオナルド

マニフレックス メッシュ・ウィング レオナルド
ポイント
  1. 優れた体圧分散で肩・腰の負担をサポート
  2. 少し硬めで寝返りがしやすい
  3. 厚み11㎝
  4. 通気性に富んだサーキュレーションメッシュを採用
  5. 安心の10年保証
CHECK
メッシュ・ウィングを改良して作られたマニフレックス メッシュ・ウィングレオナルドは、体圧分散・硬さ・厚さのどれをとってもおすすめできる高反発マットレスです。

伸縮性と通気性に優れたサーキュレーションメッシュが爽やかな寝心地を実現しています。

マニフレックス メッシュ・ウィング レオナルドの評価
体圧分散
(4.0)
硬さ
(4.0)
寝がえり
(4.5)
厚さ
(4.5)
総合評価
(4.0)

マニフレックス フライニットウィング

マニフレックス フライニットウィング
ポイント
  1. 高反発素材エリオセルを100%使用
  2. 高い反発力が体圧分散力を高める
  3. ほどよい硬さで寝がえりがしやすい
  4. 厚さ11㎝
  5. 安心の10年保証
CHECK
高反発素材であるエリオセルを100%使用しているため、優れた体圧分散力と寝がえりのしやすさを実現しているのがマニフレックス フライニットウィングです。

強弾性素材を使用しているためエリオセルの持つ反発性を最大限に活かして最高の寝心地を誘導します。

マニフレックス フライニットウィングの評価
体圧分散
(4.5)
硬さ
(4.0)
寝がえり
(4.0)
厚さ
(4.5)
総合評価
(4.0)

三つ折り高反発マットレスの寿命はどのぐらい?寿命を延ばすテクニック!

品質の高い高反発マットレスは機能面においておすすめできる分、決して安い値段で購入することはできません。

だからこそ長く使いたいと思うのは当たり前ですよね。

では、高反発マットレスの寿命はどのぐらいなのか、寿命を伸ばすテクニックについても紹介していきましょう。

三つ折り高反発マットレスの寿命を知るポイント

高反発マットレスの寿命というのは全く使えなくなるということではなく高反発マットレスとしての機能を失っているということを覚えておく必要があります。

では寿命を迎えるのはどういうことかというと以下のポイントを確認すると良いでしょう。

POINT
  • マットレスが凹んで元に戻らない
  • 寝付きが悪くなってしまった
  • 底づき感がある
  • マットレスが柔らかくなったような気がして熟睡できない

マットレスを使用していると、臀部や肩の接地面に負荷がかかり続けていることもあるため、その部分が凹んでしまうことがあります。

これをいわゆるへたりと呼び、マットレスの買い替え時期と捉えていいでしょう。

また、寝付きが悪くなった・底づき感がある・熟睡できないといった症状はマットレスの寿命が近づくにつれて多くなる症状です。

実は寿命はマットレスによって大きく分かれ、3年で寿命の症状を感じるものもあれば5年で起こるものもあります。

これはマットレスの品質に大きく依存してしまうため、できるだけ寿命が長いものを選びたい場合は、今回ランキングで紹介したマニフレックスの高反発マットレスのような10年保証と保証期間が長いものを選ぶようにしましょう。

三つ折り高反発マットレスの寿命を延ばすテクニック

とはいえ自分でできる寿命を延ばす方法はないのかというとそうではありません。

寿命を延ばすテクニックはいくつかあるので紹介していきましょう。

寿命を延ばすテクニック
  • マットレスの位置を変える
  • マットレスの除湿を定期的におこなう

へたりが早くなってしまう原因の一つとして、同じ位置で寝ることによってマットレスの一部分に負荷がかかり続けてしまうというものがあります。

そのため、マットレスの裏・表や前・後ろといったように定期的に位置を変えてあげることでへたりを抑え、寿命を延ばすことができるのです。

また、マットレス内の湿度が高くなってしまうと中の素材の劣化が早くなってしまいます。

天日干しをする・近くに除湿剤を置く・ベッドパッド、シーツを敷く・床に直置きしないなどの除湿ケアを怠らないようにしましょう。

特に三つ折りの高反発マットレスであれば、収納もすぐできて干しやすいというメリットがあります。

三つ折りだからこその特徴を捉えて寿命を伸ばしながらできる限り長くマットレスを使い続けるようにしましょう。