耐久性があり寿命が長いおすすめの高反発マットレスランキング!

高反発マットレスというのは決して安い値段では販売されていませんし、たとえ安かったとしても耐久性に問題があり、結局早い段階で買い替えなんていうことも少なくありません。

耐久性があり寿命が長い高反発マットレスでおすすめのものはどれがいいのか知りたいという方も多いでしょう。

そこで今回は高品質ながら寿命が長い高反発マットレスをランキングにして紹介していきたいと思います。

マットレスひつじ

値段が高くても長い目で見るとお買い得なのは断然高品質なマットレスだメェ~!

耐久性の良い高反発マットレス選びの3つのポイント!

耐久性の良い高反発マットレスをどう見分ければいいのかわからないという人もいるかもしれませんので、わかりやすく3つのポイントに分けてみました。

3つのポイント
  • 保証期間が長い
  • 厚みが10cm以上ある
  • 高反発マットレスとしての品質が高い

このポイントを抑えることができれば、耐久性もあり寿命が長い高反発マットレスに出会う確率は高くなるでしょう。

では、それぞれどのようなポイントであるのかを詳しくみていきます。

1. 保証期間が長い

マットレスの説明をみていると◯◯年保証という項目を目にすることがあると思います。

実はこの保証期間というのはその間使っていても著しく変形しないということを証明しているのです。

この保証期間が長ければ長いほど耐久性には期待できると考えて良いでしょう。

注意
いくら保証期間が長いといっても使い込むことでどうしても「へたり」ができてしまいます。

へたりというのは特にマットレスに一番負荷のかかる臀部に起こるものですが、弾力性を失ってしまうためその部分に負荷が大きくかかってしまい腰痛や頭痛、肩こりの原因にもなります。

耐久性が長いといえどあなたの体重や使用する頻度によって変わってくることを覚えておきましょう。

2. 厚みが10cm以上ある

厚さが4cmのものと20cmのものであれば、20cmのもののほうが耐久性は高くなります。

使用している素材によって一概には言えませんが、厚みが10cm以上ある高反発マットレスの方が耐久性が良く寿命が長いということも選ぶポイントの一つです。

マットレスの厚みは大体10cm以上あるものを目安にすると良いでしょう。

マットレスが薄いといくら硬いものだとしてもへたりがはやくなってしまい、使用感もよくありません。

高反発素材を用いた厚いマットレスを選ぶようにしましょう。

マットレスひつじ

特に床に直にマットレスを敷いていると、厚みのあるものとないものでは寝たときの感覚が全然違うことがわかるメェ~!

3. 高反発マットレスとしての品質が高い

ただ単純に耐久性があり寿命が長いものであれば良いというわけではありませんよね。

結局は品質が高いという前提条件のもとで選ぶ必要がありますので、高反発マットレスとしての機能を十分に発揮しているものかどうかという点も踏まえなければいけないでしょう。

高反発マットレスの最大の特徴は、優れた体圧分散と寝返りの良さ、通気性の良さです。

体圧分散は高反発マットレスは低反発マットレスよりも劣ってしまうということが言われていましたが、品質の高いマットレスはそうではありません。

しっかりと身体にフィットするような反発力で設計されていますので、耐久性が良いということももちろん重要ですが、品質の高さという点も忘れないように吟味していきましょう。

耐久性の良い高反発マットレス比較!

耐久性の良い高反発マットレスを選ぶためのポイントは理解してもらえたかと思います。

では、実際に上記のポイントを踏まえてマットレスを選ぼうとなると、「◯◯年保証はどこに記載があるのか」、「厚みは何cmなのか」、「高反発マットレスとしての機能は十分なのか」とひとつひとつ見ていくと時間があっても足りないです。

そこで今回当サイトで調査した品質が高く人気のマットレスを12種類厳選させていただき、そこから先ほどのポイントを基に比較をしてみました。

保証期間 厚さ 品質
マニフレックス モデル246 二重丸
(12年)
二重丸
(16cm)
二重丸
マニフレックス フラッグFX 二重丸
(12年)
二重丸
(22cm)
丸
マニフレックス エア・メッシュ 二重丸
(12年)
二重丸
(16cm)
二重丸
マニフレックス モデル ローマ 二重丸
(12年)
二重丸
(15cm)
丸
マニフレックス マニ・スポーツ 二重丸
(12年)
丸
(16cm)
丸
マニフレックス イタリアン フトンⅡ 三角
(3年)
三角
(7cm)
三角
モットン 丸
(90日間)
丸
(10cm)
二重丸
ニトリ 高反発マットレス(ラティス) 三角
(5年)
二重丸
(18cm)
三角
西川 エアー01 三角
(初期不良のみ保証)
二重丸
(14cm)
三角
西川 エアー03 三角
(初期不良のみ保証)
二重丸
(14cm)
三角
アイリスオーヤマ 高反発マットレス厚さ8cm 三角
(8cm)
バツ
(不明)
三角
アイリスオーヤマ 高反発マットレス厚さ4cm 三角
(4cm)
バツ
(不明)
三角

品質の高い高反発マットレスではありますが、比較をすることでより耐久性に良いマットレスかどうかわかるようになるかと思います。

特にマニフレックスシリーズは安全保障が長く耐久性も良いという点はロングセラーの秘訣でしょう。

また、モットンの保証期間が90日間というのは短いように感じますが、実は返品・返金保証期間のことを指しています。

そのため、実際に体感してから自分に合っているかどうかを見極めやすいため評価は◯としているのです。

保証期間が90日間だからといって決して耐久性が無いわけではなく寿命も長いので全体的に高評価となっています。

耐久性の良い高反発マットレスおすすめランキング!

先ほど高品質で人気の高反発マットレスを比較しましたが、12種類もあるとまだまだどれを選んでいいかわからない、手間だと感じてしまうでしょう。

そこで、今回当サイトで独断の評価をして、耐久性の良い高反発マットレスのおすすめランキングをつけてみました。

耐久性と品質を考えるとまず間違いないランキングなので、ぜひ参考にしてみてください。

マニフレックス モデル246

マニフレックス モデル246
ポイント
  1. 安心の12年保証
  2. 厚さ16cmの高反発フォームを使用
  3. 優れた体圧分散を実現
  4. 寝返りがしやすい
CHECK
芯材が変形しない安心の12年保証、厚さ16cmと耐久性においては申し分ないマットレスがマニフレックス モデル246です。

品質についても優れた体圧分散と寝返りのしやすさが睡眠の質を向上させるため、寿命が長く高品質なマットレスといえるでしょう。

マニフレックス モデル246の評価
耐久性
(5.0)
厚さ
(5.0)
硬さ
(4.5)
品質
(5.0)
総合評価
(5.0)

マニフレックス エアメッシュ

マニフレックス エアメッシュ
ポイント
  1. 安心の12年保証
  2. 厚さ16cmのエリオセル使用
  3. 寝返りしやすい
  4. 通気性の良いエアサーキュレーションメッシュを使用
CHECK
マニフレックスシリーズの中でも安心の12年保証で、高反発フォームである「エリオセル」を100%使用して厚さ16cmのボリュームがあるのがマニフレックス エアメッシュの特徴です。

また、通気性・発散性に優れた「エアサーキュレーションメッシュ」を採用しているため、肌触りもよく夏場でも快適な睡眠を誘導してくれます。

マニフレックス エアメッシュの評価
耐久性
(5.0)
厚さ
(5.0)
硬さ
(4.0)
品質
(5.0)
総合評価
(4.5)

モットン

モットン
ポイント
  1. 90日間の返品・返金保証
  2. 厚さ10cmの高反発ウレタンを使用
  3. 自然な寝返りを誘導
  4. 通気性が良い
CHECK
高反発マットレスの中でも唯一90日間の返品・返金保証を行っているのがモットンの特徴で、それだけではなく耐久面に関しても申し分ありません。

また、高反発ウレタンながら通気性がよくなるよう泡の大きさを調整し、絶妙な硬さを有しているので品質にも太鼓判が押せるマットレスとなっています。

モットンの評価
耐久性
(4.0)
厚さ
(4.0)
硬さ
(4.5)
品質
(5.0)
総合評価
(4.5)

高反発マットレスは耐久性は良いといえるのか?低反発・シモンズ・テンピュールなどを比較!

高反発マットレスの他にもシモンズやテンピュールといった種類の低反発マットレスもありますが、耐久性はどちらが良く寿命が長いのかわかりますでしょうか。

保証期間以外にも使用感で寿命を感じたりすることもあるため、その部分も吟味し独自に評価を簡単にしてみると、高反発マットレスは大体10年前後、低反発マットレスは7~8年でしょう。

耐性年数
マニフレックスシリーズ 12年
モットン 10年
テンピュール 8年
シモンズ 7年

ただし、あくまで個人の感想と保証期間を客観的に比べてみただけなので、個人の体重や使用環境によって大きく変わるということは覚えておいてください。

低反発マットレスの寿命が短い理由の一つについては素材が沈み込むためにどうしてもへたりができてしまうという点があります。

へたりというのはマットレスが負荷が与えられ続けることによって押し戻すことができなくなり変形してしまうことです。

高反発マットレスは反発力が強い分へたりもできにくいですが、低反発マットレスは身体を包んで沈み込ませる反面へたりがでやすくなってしまいます。

そのことからも低反発マットレスよりも高反発マットレスの方が全体的に耐久性に優れていると言えそうですね。

折りたたみ・3つ折りでも耐久性を保つ高反発マットレスの特徴は?

マットレスによっては折りたたみ・3つ折りにすることができるものもありますが、気になるのは折り曲げることによって耐久性が落ちてはしまわないかということです。

しかし、そこは安心して頂きたいのですが、折りたたんでいる状態を長く続けない限りはさほど影響がありません。

それよりも自身の体重によって起こるへたり、汗を吸収することによって起こるカビのほうが耐久性を損なう可能性が大きいです。

なので、「しっかりと品質に信頼ができる高反発フォームを使用しているかどうか」、「通気性が良い素材・構造をしているかどうか」をポイントにおいて選ぶことをおすすめします。

マットレスひつじ

高反発マットレスは正しい使い方をして寿命を短くしないようにすると良いメェ~!