西川の高反発マットレスの特徴・評判&ランキング!

テレビの通販でも紹介されるほどの信頼性がある西川の寝具ですが、高反発マットレスも例外なく販売されています。

そこで今回は、西川の高反発マットレスがどのような特徴を持っているのか、口コミからわかる評判やおすすめの人気ランキングを紹介していきましょう。

マットレスひつじ

西川は三つ折りマットレスに力を入れている印象だメェ~!

どんなマットレスがいいの?現役ベテラン整体師が教える腰痛の方のマットレスの選び方!

渡辺 孝行先生

1日の1/3を過ごすマットレスだからこそ自分にあったものを選びたいですよね。
体格も体重も、寝る姿勢も人それぞれ、ではどの様に選べば良いでしょうか?

2つの選ぶポイント!

寝返りが打ちやすい 同じ姿勢で寝ていると体が緊張したり、こわばったりします。最近では「寝返り」を打つことが腰痛に良いというドクターもいらっしゃいます。

「寝返り」にはストレッチ効果があり体に良いことなのです。

マットレスを選ぶときは実際に寝れるか、返品できてお試しできるマットレスを選び、寝返りのうちやすさを試して見ましょう。

体圧分散されている 最近マットレスはコイル式やウレタン式など様々なタイプのものが発売されています。気をつけていただきたいのが、体圧分散されているかというところです。

一点に圧力がかかると姿勢に影響を与え腰に負担をかけてしまいます。

これも実際に試せる店舗などで確認してから購入する様にしましょう。

渡辺 孝行先生

この2点を気をつけてご自分にあったマットレスかどうか見極めてみてください。

西川の高反発マットレスの特徴!

西川の高反発マットレスの最大の特徴としては特殊な立体構造によって優れた体圧分散を生み、良質な眠りのサポートをしてくれるという点です。

日本のアスリートも西川の高反発マットレスを愛用しているということからも質の高い睡眠の味方になることはわかるでしょう。

西川の特徴
  • 特殊立体構造による優れた体圧分散
  • 抗菌防臭加工がされている
  • 沈みにくく寝返りがしやすい

カビやダニを発生しにくいような抗菌加工も施されているだけでなく、防臭加工もされているところは嬉しい特徴です。

また、硬さも申し分ないため必要以上に沈みにくく、自然な寝返りがうてるのもメリットといえます。

西川の高反発マットレスおすすめ人気ランキング!

西川の高反発マットレスが気になっている方の中にはどのようなものが販売されているかわからない、わかっていたとしても種類があるためどれが良いのかわからないという方も少なくないでしょう。

そこで、機能面と人気面を評価しておすすめランキングを作りましたので参考にしてみてください。

西川 [エアー03]ベッドマットレス

西川 [エアー03]ベッドマットレス
ポイント
  1. 厚さ14cmのボリューム
  2. 高反発ウレタン使用
  3. 特殊立体構造で体圧を分散
  4. 寝返りがしやすい
CHECK
西川が販売している高反発マットレスの中でもベーシックながら高品質なマットレスがエアー03です。

特殊立体構造であることはもちろん厚さ14㎝とボリュームがあるため、底づき感がなく機能を十分に感じることができるでしょう。

西川 [エアー03]ベッドマットレスの評価
厚さ
(5.0)
体圧分散
(4.0)
寝返りしやすさ
(4.0)
硬さ
(4.0)
総合評価
(4.0)

FestaⅡ(フェスタ2)

FestaⅡ(フェスタ2)
ポイント
  1. 厚さ9㎝でしっかりとしたボリューム
  2. 三つ折りタイプなので干しやすい
  3. 高反発ウレタン使用
  4. 適度な硬さで寝返りがしやすい
CHECK
三つ折りタイプのマットレスなので収納しやすく畳の上で使用するにはかなり適しているのがFestaⅡです。

高反発ウレタン使用で適度な硬さを持っているため、沈み込みすぎることなく自然な寝返りが睡眠の質を高めてくれるでしょう。

FestaⅡ(フェスタ2)の評価
厚さ
(3.5)
体圧分散
(3.5)
寝返りしやすさ
(4.0)
硬さ
(3.5)
総合評価
(3.5)

RAKURA(ラクラ)

RAKURA(ラクラ)
ポイント
  1. 凹凸状の素材で身体を支える
  2. 点で体圧を分散させる
  3. 通気性が良い
  4. ダブルラッセル素材使用
CHECK
凹凸状のウレタンフォームを使用し、点で身体を支えることによって優れた体圧分散を生むのがRAKURA(ラクラ)の特徴です。

凹凸状であるため通気性が良く、さらにダブルラッセル生地を採用しているので暑い夏場でも快適に過ごせるマットレスといえます。

RAKURA(ラクラ)の評価
厚さ
(3.5)
体圧分散
(4.0)
寝返りしやすさ
(3.5)
硬さ
(3.5)
総合評価
(3.5)

西川の高反発マットレスの3つ折りタイプのおすすめは?

和室や畳の上でマットレスを使用したいという方にとって、収納しやすいよう3つ折りタイプのマットレスを探しているという方も多いでしょう。

今回人気ランキングで紹介した高反発マットレスの中に三つ折りタイプのマットレスがあります。

RAKURA(ラクラ)は西川で販売されている3つ折りのマットレスの中でも体圧分散に優れ機能面で申し分ないためおすすめです。

RAKURA(ラクラ)

ただし、価格の面で少し安めのものが良いということであれば、Festa2(フェスタ2)でも良いでしょう。

Festa2(フェスタ2)

西川の高反発マットレスのシングルタイプのおすすめは?

シングルタイプでおすすめできる高反発マットレスは、今回人気ランキングでも1位で紹介している「エアー03」です。

1枚タイプのマットレスではありますが、厚みも14㎝とたっぷりのボリュームで硬さも適度にあるため腰痛や肩こりに悩む人にとってはかなりの強い味方となるでしょう。

エアー03

西川の高反発マットレスのセミダブルタイプのおすすめは?

西川の高反発マットレスのサイズはシングル・セミダブル・ダブルと3つに分かれているため、セミダブルタイプのおすすめも今回人気ランキングで紹介した中であればどれを選んでもぴったりです。

ただし、セミダブルを使用する人の中にはシングルサイズでは狭く感じてしまうという人もいるため、そういう方は体重もある可能性が高いので少し硬めのマットレスを選ぶほうが良いでしょう。

RAKURA(ラクラ)は西川の高反発マットレスの中でもハードタイプのマットレスとなるのでおすすめです。

RAKURA(ラクラ)

西川の高反発マットレスのダブルタイプのおすすめは?

パートナーと一緒に寝ているという人はダブルタイプのマットレスを使っていることが多いです。

西川でダブルタイプの高反発マットレスのおすすめはエアー03で、厚みがある方があなたにとってもパートナーにとっても高反発マットレス機能性を感じることができます。

ダブルタイプとなればどうしても値段が高くついてしまいますが、だからこそしっかりと高品質なマットレスを選んで長く使うべきです。

その点も考慮してもエアー03がおすすめといえるでしょう。

エアー03

マットレスひつじ

二人で使うとへたりも早くなってしまうから耐久性が良いマットレスを選ぶと良いメェ~!

西川の高反発マットレスの口コミ評判は?

西川の高反発マットレスの特徴やおすすめのものを知ったところで、実際にマットレスを使っている人の感想も知りたいですよね。

そこで、今回は西川の高反発マットレスの口コミを良い評価のものと悪い評価のものをそれぞれ集めてきましたので参考にしてみてください。

西川の高反発マットレスの良い口コミ

寝返りがうちやすくてマットレスの上で動きやすいという点が気に入っているところです。

特に眠っているときに姿勢を簡単に変えることが出来るという感覚が好きですね。

これまでのベッドと比較するとこの点は大きな違いで、これが良かったのでこのマットレスにしたといっても過言ではありません。

寝ているときに姿勢は安定しているにも関わらずに動こうとすると、その動きをサポートしてくれる感じがあるというのが凄いというように感じます。

この商品は三つ折りタイプのマットレスなので、普段使用しない時はしっかりコンパクトにまとめて収納しておくことが出来るメリットがあります。

一枚のマットレスとしては薄地なので、これだけではきちんと眠ることが出来ないのではと不安に感じましたが、高反発のウレタンフォームを採用しているので、一枚でもスプリングマットレスの上に重ねて使用することも出来るので、用途に合わせて使い分けることが出来る点が魅力的だと感じました。

日本でも有名ブランドである西川の寝具は、評判がよく安心して使えます。

人間は人生の3分の1は布団で寝ていると言われてますから品質の高い寝具を選ぶことはとても重要です。

高反発マットレスと言えば反発力です。

体にうまく馴染むように表面が突起状なので、突き出る部分とへこむ部分がはっきりしています。

また、横向きに寝てもすき間ができずに体にフィットするので、横向きに寝る癖のある方でも問題なく使用できます。

そして、通気性が良いので真夏でも涼しいのが有難いです。

一人暮らしを始めて、ベッドで眠るようになりました。

当初は布団を敷いていたのですがベッドの床板が硬くて眠っている時に腰まわりが痛くなるのが嫌でこのマットレスを購入しました。

この商品を選んだ理由は、高反発で体重が89kgあっても沈みこまないとデパートの店員が教えてくれたからです。

マットレスの内部にはスプリングが入っており、しっかりと体を支えつつ体重も分散してくれるので全身をリラックスさせながら眠れています。

西川の高反発マットレスを使用して良かった点は、まず価格以上の効果があったことです。

ジャパネットタカタのテレビコマーシャルを見て注文しました。

値段が安かったのが購入の決め手です。

またメッシュ生地のため通気性が良いので夏に使用しても湿気はほとんど感じませんでした。

高反発ウレタンフォームであるファインセルを使用しており、体の体型に合わせて密着して支えてくれるので、腰痛が大幅に改善されたのと、ぐっすり眠れるようになりました。

西川の高反発マットレスの悪い口コミ

特に機能的に不満なところはありませんが、値段的にかなり高いので、それを改善してくれたらいいなという気はします。

そうなると友達などにも薦めたいという気にもなるのですが、高いので自分がそれを使用しているという事もあまり人には言えない感じがあります。

機能的に満足しているのでその点はしゃべりたいという感じはするのですが、それを言ってしまうと自慢をしているかのように取られることになるのが怖くて人には話していません。

ウレタンフォームを利用しているので、殺菌性が高く清潔に使用することが出来るメリットがありますが、やはり素材の密度が高いので夏場などは暑いと感じてしまうことは多かったです。

ひんやりとした素材のシーツなどを併用することで対策することが出来ますが、これだけでは夏場は少し暑いです。

またいくらカビやダニに強い素材を利用していても、フローリングに直に敷いてしまうと、床と触れている部分に関してはカビが生えてしまうので注意が必要です。

使って不満な点は高反発マットレスだけでの使用は厳しいことです。どうしても敷き布団と併用しないといけないところは改善して欲しいです。次に腰痛専門のマットレスではないので、腰痛がひどい人には向かないことです。多少の腰痛や疲れの軽減には使用できますが、腰痛に特化した高反発マットレスも開発してほしいです。また三つ折りのため運びやすいメリットはありますが、1枚ものに比べると沈み込みでの高反発に難があります。

使っていて不満に感じることは、寝返りをうつたびにスプリングが軋む音がすることです。

住んでいるのがアパートなので、真夜中だとスプリングの音が響き隣の部屋から「うるさい」と度々怒鳴られています。

防音対策で発泡スチロールを壁に貼ってはいるものの、やはり金属音は響いてしまうので効果がありません。

もう少し頑丈で音がしないスプリングにするか、もっと別のもので体を支えられるように改善して欲しいと切に願っています。

体にいいマットレスとして一世を風靡していますが、いざ寝てみると凹凸感が気になって最初はなかなか寝付けませんでした。

慣れると気持ちがいいのですが、神経質な方は難しいと言えます。

また、このマットレスは洗えないので、小さい子供さんが使用する時にはおねしょを警戒して防水シートを敷くことをおすすめします。

他には、こまめに陰干しするなどすれば長持ちしますが、せいぜい5.6年が寿命なので、他のマットレスに比べると割高です。

口コミの収集はクラウドソーシングを利用して行っています。

西川の高反発マットレスの販売店舗は?

西川の高反発マットレスを購入したいと考えている人にとって、どこで購入すれば良いのかという情報は非常に大切ですよね。

しかし、西川は全国の布団寝具で幅広く販売を展開しているため、西川販売店舗検索サイトを利用すればお近くに西川のマットレスが販売しているかどうかわかります。

また、大手ショッピングサイト(Amazon・楽天市場・Yahooショッピング)でも販売していますし、公式サイトでも購入が可能なので、自分が欲しいマットレスが決まっているのであればネットを利用して購入するのも良いでしょう。

マットレスひつじ

できれば実際に体感して決めて欲しいから実店舗での購入をおすすめするメェ~!

西川の販売会社情報!

会社名 西川産業株式会社
住所 東京都中央区日本橋富沢町8-8
公式サイト https://www.nishikawasangyo.co.jp/

西川は全国の百貨店や寝具専門店、家具店で見かけることも多く、創業も1566年とかなり古くからある老舗企業であることからその人気もわかるでしょう。

独自に睡眠を研究する睡眠科学研究所も設立しているため、これからも睡眠の質を向上させてくれるマットレスや枕などの開発に期待することができます。

西川の高反発マットレスの種類一覧と特徴!

西川の高反発マットレスは人気ランキングで紹介したもの以外にも種類があります。

最後に西川で販売されている高反発マットレスの種類と簡単な特徴を紹介していきましょう。

特徴
エアー01 エアー03よりも薄いマットレス
エアー03 人気ランキング参照
エアーSI 特殊4層立体構造で通気性も高くかなり機能性が充実しているマットレス
Festa(フェスタ) フェスタ2の前身的なマットレスで、さほど機能面では変わりないマットレス
FestaⅡ(フェスタ2) 人気ランキング参照
WAVE COMFORT(ウェーブコンフォート) 抗菌備長炭ウレタンフォームを使用した凹凸状で体圧分散の優れたマットレス
RAKURA (ラクラ) 人気ランキング参照

どれが良いのかじっくり調べていきたいという方は、今回紹介していないマットレスもあるためよく吟味して選ぶと良いでしょう。

口コミや噂に惑わされず、しっかりと自分に合った高反発マットレスを選べるようにできるかぎり実店舗に足を運んでマットレスを選んでみることをおすすめします。