シングルサイズでおすすめの高反発マットレスランキング!

最近人気の高反発マットレスを自分も使ってみたいという人は増えてきています。

どうせ使うのであればしっかりとしたものを選んで睡眠の質の向上や疲労の回復に努めてほしいところです。

では、今回はシングルサイズの高反発マットレスの選び方のポイントとおすすめランキングを紹介していきましょう。

マットレスひつじ

一人暮らしのあなたも高反発マットレスで熟睡できるようになろうメェ~!

シングルサイズの高反発マットレス選びの3つのポイント!

高反発マットレスはシングルサイズやダブルサイズといったように大きさが違うことによって効果が変わるというわけではありません。

そのため、シングルサイズを使用する人の多くはどのような状況であるのかを含めたマットレス選びのポイントにしています。

3つのポイント
  • 身体に負担がかからないマットレス
  • 寝返りがしやすいマットレス
  • 重たすぎないマットレス

この3つのポイントを抑えることによってより自分にぴったりの高反発マットレスを見つけることができるようになるでしょう。

では、なぜこの3つのポイントが重要であるのかをそれぞれ見ていきたいと思います。

1. 身体に負担がかからないマットレス

シングルサイズならではというわけではありませんが、マットレスというのは身体に負担がかからないものを選ぶことを大前提としなくてはいけません。

仰向けに寝ると臀部周辺に一番負荷がかかり、横向きに寝ると肩に負荷がかかります。

その際に負荷がかかる部分にだけ体圧が集中してしまうと腰痛や肩こりの原因になってしまうのです。

つまり、体圧をうまく分散してくれる高反発マットレスを選ぶようにすると良いでしょう。

体圧分散がうまくできているかどうかは公式サイトに体圧の試験を公表しているものも多いですし、説明欄に記載していることが多いのでよく目を通してみてください。

2. 寝返りがしやすいマットレス

人は睡眠中に無意識に寝返りをうちますが、寝返りは骨盤の矯正や血行不良を防いでいるという大切な行為の一つです。

しかし、マットレスによっては寝返りがしづらい、あるいは必要以上に寝返りをしてしまうことがあります。

この寝返りのしやすさはマットレスの硬さによって大きく影響してしまうのが特徴です。

そのため、硬すぎずやわらかすぎない適度な硬さのマットレスを選ぶようにしましょう。

もし実際に商品を触れられるのであれば

  • 手で押し込んでしっかりと反発するかどうか
  • 仰向けに寝てみて寝返りが腰と肩が同時に動いてできるかどうか
以上のポイントで判断するようにしてください。

MEMO
人は睡眠中どのぐらい寝返りをするか知っていますでしょうか。

個人差が大きくはなってしまいますが、大体1時間に2~3回と言われています。

意識して数えることはできないとは思いますが、現在使っているマットレスが自分に合っているかどうか判断する基準にしてみてもいいでしょう。

3. 重たすぎないマットレス

マットレスというのは定期的に天日干しなどの乾燥対策をすることによって耐久性を高め、へたり・カビを少なくすることができます。

シングルサイズのマットレスであれば一人で持てないということもないため、できるだけ重たすぎないマットレスを選ぶほうが様々な対策をしやすいです。

特に畳に直にマットレスを敷くことを検討している場合は湿気対策は必須なので、マットレスをたてかけやすいもの、その都度収納しやすいものでなければなりません。

大体マットレスの重さが10kg前後であれば女性でも持ち運ぶことができますので、それを目安に重たすぎない高品質の高反発マットレスを探すようにしましょう。

シングルサイズの高反発マットレス比較!

シングルサイズの高反発マットレスで選ぶポイントを覚えたは良いが、どれを選べば良いのかわからないという人も多いでしょう。

それもそのはずで、高反発マットレスというのはかなりの種類が販売されているからです。

そこで、当サイトで高品質で人気の高反発マットレスを12種類に絞っていますので、先程のポイントを基に比較をしていきましょう。

体圧分散 寝がえりのしやすさ 重さ
マニフレックス モデル246 二重丸 二重丸 丸
(12kg)
マニフレックス フラッグFX 丸 丸 三角
(20kg)
マニフレックス エア・メッシュ 二重丸 二重丸 丸
(12kg)
マニフレックス モデル ローマ 丸 丸 三角
(15kg)
マニフレックス マニ・スポーツ 丸 丸 丸
(12kg)
マニフレックス イタリアン フトンⅡ 三角 三角 二重丸
(6kg)
モットン 二重丸 二重丸 二重丸
(7.5kg)
ニトリ 高反発マットレス(ラティス) 丸 丸 バツ
(26.5kg)
西川 エアー01 三角 丸 二重丸
(8.1kg)
西川 エアー03 三角 三角 二重丸
(9.1kg)
アイリスオーヤマ 高反発マットレス厚さ8cm 三角 丸 二重丸
(7.3kg)
アイリスオーヤマ 高反発マットレス厚さ4cm 三角 三角 二重丸
(3.3kg)

品質が高く人気の高反発マットレスを比較対象にしましたので、ほとんどシングルサイズでおすすめの選び方のポイントを抑えていることがわかります。

厚さが薄いものは軽いものが大半で持ち運びは便利となりますが、その分体圧分散や寝返りのしやすさが劣ってしまいますので、どちらを重要視するかによって変わってくるでしょう。

高反発マットレスを選ぶのであれば機能性の方を重視した方が寝心地や睡眠の質にも変わってくるのでこだわりが無ければ機能面を見るようにしてみてください。

シングルサイズの高反発マットレスおすすめランキング!

先ほどの高反発マットレスの中から選ぶのももちろんおすすめですが、やはり12種類となると選ぶのに一苦労です。

そこで、さらに3つに絞ってシングルサイズの高反発マットレスおすすめランキングを見ていきましょう。

マニフレックス モデル246

マニフレックス モデル246
ポイント
  1. 高反発フォームエリオセル使用
  2. 優れた体圧分散
  3. ちょうど良い硬さで寝返りがしやすい
  4. 重さ12kg
  5. 安心の12年保証で耐久性も良い
CHECK
マニフレックス モデル246は反発力が高いエリオセルを使用しており、体圧分散・寝返りのしやすさ・耐久性とどれをとってもかなりすぐれているマットレスです。

重さも12kgとそこまで持ち運びが手間になることはないため、管理しやすいという点もメリットと言えるでしょう。

マニフレックス モデル246の評価
体圧分散
(5.0)
寝返り
(5.0)
重さ
(4.5)
コスパ
(5.0)
総合評価
(5.0)

モットン

モットン
ポイント
  1. 高反発ウレタンを使用
  2. 腰・肩に負担がかからない
  3. すぐれた体圧分散で寝返りがしやすい
  4. 90日の返金保証
  5. 耐久性にも信頼ができる
CHECK
高反発ウレタンを使っているモットンの特徴は、腰や肩に負担がかからない体圧分散力と寝返りのしやすさで寝心地がとても良いことです。

90日間であれば返品・返金保証サービスを展開しているので、実際に使用してみて使い続けるかを見極められるマットレスとなっています。

○○の評価
体圧分散
(4.5)
寝返り
(5.0)
重さ
(5.0)
コスパ
(4.5)
総合評価
(4.5)

マニフレックス エアメッシュ

マニフレックス エアメッシュ
ポイント
  1. 高反発素材エリオセル使用
  2. 体圧分散に優れ寝心地が良い
  3. 適度な硬さが寝返りしやすい
  4. エアサーキュレーションメッシュを使用
  5. 安心の12年保証
CHECK
高反発素材のエリオセルで厚さ16㎝を導入し、優れた体圧分散と適度な硬さが寝心地の良さを生むのがマニフレックス エアメッシュです。

気性と発散性の良いエアサーキュレーションメッシュを採用しているため、カビ予防にもうってつけのマットレスとなっています。

○○の評価
体圧分散
(4.5)
寝返り
(4.5)
重さ
(4.5)
コスパ
(5.0)
総合評価
(4.5)

カビを予防するためにできるマットレスの湿気対策

シングルサイズのマットレスは他のサイズと比べると軽いものが多いので、湿気対策をしやすいのも特徴の一つです。

では、カビ予防のための対策をいくつか紹介していきましょう。

通気性の良いベッドフレームにする

ベッドフレームの床板によっては通気性が悪くカビが生えやすいものもあるため、通気性の良いベッドフレーム選びも湿気対策の一つとなります。

また、ベッドフレームの床板にすのこを敷くことによって通気性を高くすることもできるため、うまく湿気がたまりにくい環境を整えてあげましょう。

マットレスにシーツやベッドパッドを敷く

青色のベッドシーツ

マットレスに直接寝てしまうと、汗がそのままマットレスに染み込んでしまいますのでこれもまたカビが生えやすくなってしまいます。

マットレスの上にシーツやベッドパッドを敷くことで、マットレスに汗がしみこむのを防ぐことができますし、洗濯をする場合はシーツやパッドだけ洗えばいいだけなのでおすすめです。

天日干しをする・風に当てる

マットレスは洗濯することができないものがほとんどなので、代わりに天日干しや風をあてるようにしましょう。

シングルサイズの高反発マットレスだと壁に立てかけられるほどの重さなので、壁にたてかけておくだけでも湿気対策となります。

さらに壁にたてかけたマットレスに扇風機の風をあてることもマットレスの湿気を取り除くことができる有効的な手段なので覚えておいてください。

注意
和室や畳の上でマットレスを使っている場合は、畳の上に直接マットレスを置いている方がほとんどだと思います。

畳というのは湿気を吸収してしまいやすいので、より天日干しや風にあてるなどをしてマットレス自体の乾燥に気をつけなくてはいけないことを覚えておきましょう。

部屋の湿度を下げる

マットレスと床や身体とマットレスの接地面の湿気対策をするだけでなく、マットレスを置いている部屋の湿度にも注目しなくてはいけません。

部屋の湿度が高くなればなるほどカビが発生しやすく、不快に感じやすくなってしまうため睡眠の質にも影響してしまいます。

クーラーのドライ機能を使う、湿気取りアイテムを使うなどして部屋の湿度を下げる対策をしていきましょう。